プレミオはトヨタの代表的なセダンとのことだけど、買取相場はどうなんだろう?なんていう声を耳にします。
今回はそんな気になるプレミオの買取相場について調べました。

プレミオの買取相場の紹介

5ナンバーサイズで運転しやすく、車両価格も安価でありながら上質感も兼ね備えているので中古車としても人気の車両ですが、この車は2007年にフルモデルチェンジがおこなわれた際、快適性や静粛性、また車自体の剛性などがしっかりと改良され、買取相場は初代モデルよりも2代目モデルの方が断然高いです。

ではこの車の買取相場で一番高いとされているは何なのか?ということですが、もっとも相場が高いとされている車両は、平成26年式の「1.5F EXパッケージ」とされており、その相場は177~202万円です。
次に高いのが平成25年式の「1.5F EXパッケージ」で173~198万円とされており、いずれも高い相場が期待できます。
ただ、2007年のフルモデルチェンジ以前の車両だとやはり買取相場も下がり、例えば平成18年式(2006年)の車両となると15万円~19万円という相場で、さらにそれ以前ですと買取価格がつかないということも可能性として十分に考えられますので、もしこのような古い年式に乗られている場合は、売却などはあまり考えず、乗り潰したほうが得なようです。

このような背景から、この車の買取相場について結論を言うとフルモデルチェンジがおこなわれた2007年式以降の車両については高価買取も期待できるのですが、それ以前の車両になってくると、たちまち値が下がってしまうという可能性があります。
いずれにせよ、今後この車の売却を検討されている様であれば早めのタイミングで行動するのが吉です。

プレミオの売却を考えるなら

この車は海外でも人気のある車とされており、特に東南アジアやオーストラリアなどに多く輸出されています。
国内での買取相場の基準は走行距離数も大きく影響してくるものですが、海外ではそれほど影響はありません。
現に、業者間の取引では10万キロと20万キロの車両でもおよそ10万円程度の違いしかないということですので、海外中古車市場のルートを持っている買取業者ですと、買取額も通常より良い金額で買い取ってもらえるかもしれません。
もちろん実際の車両の状態などで買取価格も大幅に変動しますので、気になる方は一度査定してもらうと良いでしょう。

プレミオの概要

トヨタはプレミオを「コロナの新しい成熟」というコンセプトのもと2001年から発売開始した4ドアセダン5ナンバーサイズの車で、日常使いにとても便利なセダンとして評価も高く、高級感も程よく感じられる車で、若者から年配の方まで幅広く人気を得ています。
また、走行性能に関しての評価も高く、燃費と出力を高める「バルブマチック」と、排気効率を高める「Dual VVT-i」を搭載、1.5Lモデルには、「VVT-i」を搭載し「平成17年基準排出ガス75%低減レベル認定」を取得しており、セダン車として運転するのに快適な車と言えば「プレミオ」と言えます。

プレミオのグレード展開とその価格

さて、現在のグレード展開ですが、2L 直列4気筒の「2.0G」、「2.0G EXパッケージ」。
1.8L 直列4気筒の「1.8X」、「1.8X Lパッケージ」。
1.5L 直列4気筒の「1.5F」、「1.5F Lパッケージ」、「1.5F EXパッケージ」というグレード展開で、
新車価格は「1.5F」がもっとも安く1,908,655円でもっと高額なモデルは「2.0G EXパッケージ」の2,686,255円です。
また、この車には「アリオン」という姉妹車が存在しており、そちらに比べると少々地味な感じもしますが、
手頃な価格と燃費の良さ、それにバランスの高さなどから見ても需要は高いので買取相場もそれなりの期待が出来ます。