レクサスは2005年から国内での販売が開始されてはや10年以上が経ち、その買取相場も大体落ち着いてきたように見受けられます。今回は、そのレクサスの中でももっとも上級クラスである「LS」の買取相場について紹介していこうと思います。

まずレクサス・LSがどのような車なのかというと。
レクサスは始め、1989年にトヨタの高級車ブランドとしてアメリカで発売されて、その時売り出したのがLSシリーズとなります。
最近では日本でもレクサスのブランド名が浸透してきましたが、まだレクサスが売られていない頃、レクサス・LSシリーズはセルシオという車名で売られていたのはみなさんご存知の事だと思います。

レクサスならではの車種や、お客へのおもてなしや接客で独自の地位を築いてきました。
そんなレクサスの中でも最も高級グレードであるLSシリーズも現行モデルは4代目となり、その地位も確たるものとしています。

そんなLSシリーズも2012年にビッグマイナーチェンジが行われ、最新のライバル車(ベンツのSクラスやBMWの7シリーズ)に比べてもヒケを取らないと評判の良いクルマとなっていますが、果たしてレクサスLSの買取相場ってどうなんだろうか?高級車として名が高いだけにこの車の相場が気になるところです。

そしてレクサスLSの買取相場について調べてみました。

まずLSのモデルとして「LS460L」「LS460」「LS600hL」「LS600h」の4モデル展開となっており、LS600シリーズは全てハイブリッド設定となっています。
その中でも一番高額なのが「LS600hL」となり新車価格は15,954,000円。
一方、一番低額なモデルは「LS460」2WD仕様の8,548,000円となっており、いずれにせよ高額です。

また、中古車市場におけるこの車の人気は高く、あまり出回っていないLS600シリーズのハイブリッドタイプは希少価値があるため、より高い買取査定が見込める他、LSは他の高級セダンと比較しても、圧倒的な高値水準で取引されています。

ではこの車の買取相場はいくらくらいなのかというと、平成24年式から平成27年式のモデルで見た場合、この車の買取相場は700万円前後から960万円前後となっています。

ちなみにその中で一番低い買取相場のモデルは平成24年式「LS600h Fスポーツ」でおよそ705万円~730万円程度とされており、一番高額な相場で取引されているのが、「LS600h エグゼクティブパッケージ」のおよそ939万円~964万円となっています。

こうして見てみると、やはり「LS600h エグゼクティブパッケージ」は購入価格がもっとも高額となる車両ですので、買取価格もそれなりの高値を付けるのでしょう。
ただレクサスというはある程度年式が古くなるといきなり安くなってしますという特徴を持っており、新しいうちはレクサスブランドという高級車として扱われるので、高値水準をキープするのですが、ある一定の年月が経ってくると、とたんに普通の国産車として扱われてしまうという傾向にあります。

LSやGSなどはいきなり下がってしまうということも少なそうですが、同ブランドであるCTやHSなどはその傾向にあります。
そういった背景もあり、LSに関してもある程度年月が過ぎると一気に価値が下がってしまうという事もなきにしもあらずですので、いずれにせよ売却の判断は常に早めが良さそうです。
と、ここで良く聞くのが「LSってドレスアップしていた方が高く買い取ってもらえるのか?」ということを耳にしますが、特にドレスアップしているからといって買取査定が大幅に上がるかと言ったらハッキリ言ってそれ程上がったりはしません。

買取相場というのはあくまで純正の状態が基準となるので、あまりにもド派手なドレスアップをしていた場合などは逆にマイナス査定となる場合もあります。
ドレスアップ専門店などはそのような車両を欲しがり、プラスされても驚くほどの差は出ません。

LSという車は万人受けする車ではない上、ドレスアップ車というのは購買層にも限られてしまい極端にニーズが狭くなるからです。

よく、中古でドレスアップ車が高値で売られているから買取も高く買い取ってもらえるのでは?と思われがちですが、それは上代と下代の関係です。

すなわちドレスアップ車を安く仕入れて高く売るのです。
特にドレスアップ車は付加価値を付けやすく、上代を高く設定できるので勘違いしやすいので注意してくださいね。

かといって無理に純正に戻す必要はありませんが、基本的には純正のままの方が好ましいでしょう。

ここまでレクサス・LSの買取相場について紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。
この車は非常に高級感があり、中古車市場でも人気のある車両ですので、年式や車の状態など良好であれば高値での取引も十分可能ですので、良い買取業者を見つけることに全力を尽くしてください。