「ハッチバック」の記事一覧

デリカD2の買取相場とはいったい

674PV

ハイブリッドカー ハッチバック

デリカと言えば、デカイ4WDの車を真っ先に思い浮かべるかと思われますが、いえいえ、デリカにだって今流行の立派なトールワゴン型の車はあるのです。 それが今回紹介する「デリカ D:2」です。 このデリカ D:2は、三菱が販売を行ってはいるものの、製造元はスズキ自動車。 また、この車はスズキ・ソリオのOEM供給を受けてい・・・

アコードの買取相場は!?

971PV

セダン ハイブリッドカー ハッチバック

ホンダと言えば、アコード!と言っても過言ではないほどホンダにとっての代表的車であり、1976年に登場したこの車の歴史はナントおよそ40年とその歴史がこれまた長い。 当初は3ドアハッチバック車でエンジンも1.6Lと中型サイズで、丁度、シビックからの乗り換え組を狙うとして開発された車というわけなのです。 およそ40年と・・・

フレアの買取相場について

970PV

ハッチバック 軽自動車

低燃費性能が魅力的な背高ノッポのフレア 軽のトールワゴンタイプは中古車市場での人気も上々!! 今回紹介するフレアも軽のトールワゴンタイプであり、しかもあの車のOEM車です。 となれば気になってくるのがこの車の買取相場ではないでしょうか。 いったいこの車の査定額は高いのか?それとも安いのか? 実際この車の買取価格も交・・・

キャストの買取相場は高いのか?

977PV

ハッチバック 軽自動車

お洒落な軽自動車として人気の高いキャスト。 この世に誕生してまだ真新しい車であるキャストですが人気は好調に伸びており、ダイハツはこの車の月間販売目標台数を7000台と設定していたのですが、その目標台数である7000台をゆういに超す15000台に達しているという超人気ぶり。 そんな好調ぶりを見せるキャストだけに買取相・・・

あんなことがあった日産デイズ!その買取相場の動向は?

968PV

ハッチバック 軽自動車

日産デイズは三菱自動車の合弁会社であるNMKVにより開発されて車両で、三菱eKとの姉妹車となります。 三菱自動車と言えばニュースで話題にもなった「三菱自動車・燃費データ不正問題」が記憶に新しいでしょう。 三菱は、実際より燃費をよく見せる不正を意図的に行い、日産自動車向けを含め軽自動車4車種で不正が行われたとのこと。・・・

Nワゴンの買取相場に迫ります

1001PV

ハッチバック 軽自動車

ホンダの軽自動車部門はどうもあまりパッとしない、そんなイメージが強かったのですが、この車が登場してからホンダの軽自動車部門のイメージを一気に反転攻勢となりました。 そんなホンダの軽自動車部門を飛躍的にしたのが、そう「Nワゴン」である。 今回はホンダの軽自動車のイメージを変えた「Nワゴン」の買取相場についてお話してい・・・

ワゴンRスティングレーの買取相場は!?

773PV

ハイブリッドカー ハッチバック 軽自動車

スズキのワゴンRと言えば軽自動車の中でもトップクラスを誇るスズキを代表する車で、2007年よりワゴンRのカスタム仕様である「ワゴンRスティングレー」が登場しました。 カスタム仕様でスタイリッシュな外観から、若者を中心に現在においてもその人気は続いております。 そんなクラストップレベルの車両ですから当然買取相場も気に・・・

スペーシアの買取相場知っておこう!

999PV

ハッチバック 軽自動車

車を売却する時などの下取りや買取りなど買取価格の相場の下落を、それほど心配しなくて良いとされる軽のトールワゴンやハイトワゴン。 今回紹介するスズキ スペーシアもその中の一台であり、人気は決してトップシェアを誇るというわけではないですが、それでも買取相場自体はとても良好と言っても良いのではないでしょうか。 ただ、今後・・・

bBの買取相場

1029PV

コンパクトカー ハッチバック

「このbBいくらで売れるのかなあ・・・」なんて思ったことないですか? 2000年2月から販売されている車で、フルモデルチェンジは2回行われています。 特に若い人達に人気があり、デコレーションカーのベースとして使われる事が多く、中古車市場での需要はとても高いです。 初代モデルの年式がちょっと古いので査定額の方は少し心・・・

インサイトの買取相場

1021PV

セダン ハイブリッドカー ハッチバック

トヨタ・プリウスの対抗馬的存在の、ホンダ・インサイト。 1999年11月から2014年3月まで販売されたハッチバックタイプのハイブリッドカーで、低燃費性能こそプリウスに負けてしまったものの、価格帯とルックスのカッコよさは勝っています。(ルックスに関しては個人差があるかも・・・) 生産は途中で止まってしまいましたが、・・・

ページの先頭へ

愛車を最高額で売却した時の体験レポート